We will support you through life.

ウォーターサーバー「アクアクララ」を使っての感想とおすすめな点

ウォーターサーバー」は年々その種類や会社が増え、何が良くて何が悪いのか、電気代などの維持費、設置場所、メンテナンスなど多岐にわたり非常に分かりにくくなっているかと思います。

高齢者

なんだか良くわからなくて、、

近年、水道水は安全ではありますが、やはり塩素などの殺菌剤は使用しない訳にはいきません。

できれば体に取り入れたくないのが普通の思いです。特に赤ちゃんが生まれたご家庭や体の調子が芳しくない方には水の状態は最も気になる部分かもしれません。

ウォーターサーバーを検討される方は比較的、日頃から健康に気を使われていると思います。

そんなウォーターサーバーですが、ここでは実際に私自身が使っている「アクアクララ」の良い点、悪い点をお伝えしたいと思います。

それではよろしくお願いいたします!

ガイド


すでにアクアクララの導入を決められている方はこちら ➡︎ アクアクララキャンペーン

とりあえず資料請求したい方はこちら ➡︎かんたん資料請求

アクアクララは1週間の無料お試しがあります ➡︎ お水の宅配アクアクララ 無料お試しキャンペーン中!

ウォーターサーバーとは?

まずウォーターサーバーとは何?という方のためにご説明いたします。

ガイド

ウォーターサーバーイメージ

注) 画像はウォーターサーバーのイメージです。アクアクララのデザインとは異なります。

上の画像のような装置を見た事があると思います。一般的に上部に水の入ったボトルが付いていて、下にあるレバーで「熱湯」や「冷水」が出せます。

この装置を「ウォーターサーバー」と言い、アクアクララはウォーターサーバーの2016年現在、シェア1位です。

省スペース (A4サイズ2枚分) に置けて、水はボトル (12リットル9リットルなど ) の交換式で、無くなればフリーダイヤルに電話すると希望の本数をいつでも注文でき、無料で配達してもらえます。

使い終えた空のボトルは新しい水のボトルを注文して配送される際に回収してもらえます。

これまで蛇口に取り付けるタイプの浄水器を使っていた方や、ペットボトルで水を買い溜めていた方がウォーターサーバーへ切り替えるケースも多いようです。

ウォーターサーバーは自宅 (又は店舗、会社など) に設置していつでも飲む事ができる安心、安全な「飲料水」です。

ウォーターサーバーを選ぶ基準

森と水イメージ

ウォーターサーバーを選ぶ際に多くの方が重要視している点は次のようなものがあります。

  1. 価格
  2. 美味しさ
  3. 安全性
  4. 手軽さ
  5. ランニングコスト

主婦

やっぱりなんと言ってもまずは値段だわ〜

1. 価格

やはりウォーターサーバーを導入するに当たり価格は最も重要かもしれません。

おおよその一般的なウォーターサーバーにかかる料金部分を知っておくと検討しやすいかと思います。

一般的なウォーターサーバーにかかる料金

  • サーバーレンタル代
  • 水ボトル代
  • 電気代
  • メンテナス代
このように各メーカーにもよりますが、ウォーターサーバーの維持費はこれらの料金が発生します。

ただし、サーバーレンタル代などはそこまでこだわらなければかなり安く済みます。

他にもメンテナス代が月々のサーバーレンタル代に含まれていて実質無料になる事もあります。

そのため、月々のサーバー代が無料のメーカーは毎年のメンテナンス代が別にかかる事が多く、アクアクララのように月々のサーバー代が有料であれば、毎年かかるメンテナンス代が無料の事が多いです。

このようにどのメーカーもサーバー料金で言えばそれほど差はないようです。そこで差が出るとすれば「水代」と「電気代」です。

アクアクララは他のメーカーと比べてこのどちらも安いのです。

アクアクララにかかる費用

アクアクララの場合、初期費用やメンテナンス費用はありません。とても分かりやすくなっています。

追加料金は一切かかりませんのでご安心ください。

ガイド

毎月かかってくる費用は電気代を除けば「水ボトル代」と「安心サポート料」のみです。

CHECK !
メーカーにより「水のボトル」の注文は月に最低、何本以上が必要などノルマがある事が多いですが、アクアクララにはノルマがありません。

そのため、旅行や入院などでほとんど使っていない場合も安心してお使いいただけます。

「安心サポート料」はウォーターサーバーの種類により1ヶ月1000円〜1500円程度で、故障時の修理代や定期メンテナンス料 (分解して洗浄してもらえます) も含まれています。

そのため追加料金は全くかかりません。

ボトル代はアクアクララの場合、900円〜1200円 (税抜) で、1ヶ月の電気代は節電タイプで350円程度と業界随一の超低消費電力サーバーです。

もちろん水ボトルの配送料は無料です。

2. 美味しさ

アクアクララの水はおいしいのか?という部分もかなり重要だと思います。

結論から言いますとアクアクララの水は美味しいです。

なぜ美味しいと言えるのかですが、飲んでみて美味しいのはもちろん、客観的にアクアクララの水は美味しさを保つために工夫されているからです。

通常、ミネラルウォーターと呼ばれる水は硬度が高く (硬水) 、飲料水や料理に使う水としては飲みにくく使いづらいと言われています。

つまり飲料水は、「軟水」である事が美味しく飲める条件となります。

この「軟水」であるアクアクララは最も水質基準の厳しい水道水をRO膜を通してろ過しています。

このろ過された水は美味しい成分も全て取り除かれてしまうため、その後の工程で美味しい成分だけを再び戻しています。

そのため、アクアクララ の水は安全で美味しいのです。

主婦

軟水は料理にも合う美味しいお水なのね!

3.  安全性

ウォーターサーバーで言うところの安全性は2点あります。その2点とは「サーバー自体の安全性」と「水の安全性」です。

「サーバー自体の安全性」とは、つまり熱湯が出る事です。冷水ならともかく熱湯は小さなお子様がいらっしゃるご家庭では心配されるでしょう。

しかしこの点につきましては、もちろん工夫が施されています。

ウォーターサーバー熱湯

熱湯を出すレバーは安全面から特殊な形状で、指で摘んだレバーを縦軸状に強く押しながら下げないとお湯が出なくなっているので安心です。

冷水の方は通常どおりレバーを下に下げれば出す事ができます。

サーバーの種類により水を出すレバーが押しボタン式になっているものがあります。

この押しボタン式の場合、チャイルドロック機能を解除しないと熱湯を出す事ができない安心設計です。

また、タンク内は抗菌素材やアクアアドバンスのサーバーには紫外線ランプによるオートクリーン機能が搭載されています。

もう一つの「水の安全性」はもうお分かりの通り、アクアクララは汚染成分が不安定な天然水や湧き水ではなく、最も安全基準の厳しい水道水をベースに作られています。

そのため品質が変わらず美味しく、料理やお茶、コーヒーに最適な「硬度29.7mg/L」の軟水となっています。

4. 手軽さ

ウォーターサーバーを利用している方は安全な水をいつでも飲める事が目的である場合が最も多いでしょう。

次に「美味しい水を飲みたい」のはもちろん、「子供が生まれた」「いつでもお湯を使いたい」「災害時の水として」など様々だと思います。

ウォーターサーバーにはこのような要求を全て簡単に満たしてくれる手軽さがあります。

5. ランニングコスト

ウォーターサーバーのランニングコスト (維持費) は高いんじゃないの?と思われる方が多いかと思いますので、大体の目安を見てみます。

アクアクララでは導入費 (設置費や初期費用など) は無料です

追加料金も一切ありません

サーバーのレンタル代とメンテナンス代が込みになった「安心サポート料」が月々1000円〜1500円 (税抜) 。

ボトルが水7リットルで900円、12リットルで1200円 (何本買わなければいけないなどのノルマなし) 。

そのため、最も安く済ませれば「安心サポート料1000円」+「水ボトル7リットル900円」で1900円 (税抜) です。

もっと言えば、水のノルマが無いのでその月にボトルを注文しなければ、最安で1000円 (税抜) となります。

細かくはこの料金に節電サーバーで350円程度の電気代がかかります。

この電気代についてもアクアクララのサーバーは国内企業と共同開発したICチップを搭載しています。

このICチップが温度コントロールを電子制御することで圧倒的な省エネ性能を実現しています。


いかがですか?使い方次第でこんなに安く済むんです。

水のボトルは夏と冬では使用料も変わってくるので、ノルマのないアクアクララでは意外と安く済ます事ができるんです

 

アクアクララのウォーターサーバーは1週間の無料お試しができます。

設置や返却時の料金などは一切無料で、12リットルのボトルも1本無料です。

どんな物かな〜?味はどうだろう?などいきなりの導入が不安な方は無料お試しを利用されると安心かと思います。

お水の宅配アクアクララ 無料お試しキャンペーン中!

3.11の大震災とウォーターサーバー

東日本大震災で災害時の水の大切さは痛感したと思います。

3.11の震災では放射性物質による汚染で関東地方の水道水は赤ちゃんに飲ませないよう国から通達があった事は記憶に新しいかと思います。

哺乳瓶イメージ

当時、関東圏はペットボトルの水が店頭から消え、田舎の店舗までもが手に入りにくくなりました。

そのため、地方の実家からペットボトルの水を一箱送ってもらえたのはわずか1回でした。

この時、改めて水の大切さと怖さを思い知りました。

そしてこの時、安全なアクアクララのウォーターサーバーは申し込みが殺到し生産が追いつかないほどでした。

しかもアクアクララのろ過方式である「RO膜」は放射性物質を通さない事がわかり大変な人気となりました。

やはり小さな子供がいると飲料水は特に気をつけたいですね!

非常用としての水

アクアクララのようなボトル交換式のウォーターサーバーでは、一般家庭では常に1〜3本は水のボトルをストックしています。

この事は特に災害などを意識していなくても自然と水のストックとなるため非常に安心です。

つまり、わざわざ大量にペットボトルを買っておく必要が無くなるわけです。

 

軟水、硬水とは?

軟水、硬水について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。⬇︎

軟水 (なんすい) や硬水 (こうすい) と言う言葉を聞いた事はありますか?

料理などで気にされる方や硬水を飲んではいけない病気の方などはよくご存知かと思います。

では、軟水と硬水の違いは何でしょうか?

それは「硬度」の違いになります。硬度というのは、水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量のことを指します。

軟水と硬水の基準はWHO(世界保健機関)が定めていて、軟水は硬度120mg未満、硬水は120mg以上とされています。

私たちが普段飲んでいる水はほぼ「軟水」です。では両者の味の違いはどう違うのでしょうか?

「軟水」はカルシウムやマグネシウムを含んでいないためまろやかでサッパリとした味になります。

「硬水」ではカルシウムやマグネシウムを含んでいるため、硬く苦い味わいとなります。

軟水と硬水の使い分けは?

飲料水には「軟水」と「硬水」があり、それぞれの違いがお分かりいただけたかと思いますが、この両者の利点や欠点を少し見てみます。

主婦

日本では軟水が多いようだけど、軟水と硬水のメリットやデメリットも知りたいわ。
確かに知っておくと便利なので少し見てみましょう!

ガイド

軟水、硬水のメリット

軟水(メリット)

軟水は料理に使いやすく、赤ちゃんの飲料水としてでも安心して利用できます。

 

また、体を洗うのに適していて硬水に比べて泡立ちがよく、髪の毛はサラサラになります。

硬水(メリット)

硬水のメリットはカルシウムやマグネシウムを含んでいる事で、動脈硬化や便秘に良いとされています。

軟水、硬水のデメリット

軟水(デメリット)

軟水には硬水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが少ないため、飲料水からこれらを摂取するには向いていません。

 

そのため、ミネラルは他の食材から摂取する必要があります。

硬水(デメリット)

硬水はその硬度から料理に使いにくく、また、カルシウムを含んでいるため腎結石など体に石が溜まるリスクがあります。

その他、マグネシウムの影響でお腹が緩くなるなどの影響が出やすくなります。

水の種類の違い

自然イメージ

水道水

雨や雪などの自然界から得られる水で、ダム、河川、湖などから私たちが日常最も利用する水です。

そのため水質は「水道法第4条」により、「大腸菌は検出されないこと」など、数十項目にも及び厳しく定められています。

私たちが通常利用する水のため、最も厳しく安全な管理が行われています。

天然水

地下水から採取する水のことで物理的、科学的処理を行わない水のことを「天然水」と呼びます。

ただし、「天然水」は塩素などの科学的処理は行わないまでも、加熱や沈殿、ろ過での処理は行う必要があります。それは「天然水」と認められています。

海洋深層水

海面から200m以上の深さで取られる水は「海洋深層水 (かいようしんそうすい) 」と呼ばれ、光が届かない為に比較的菌が繁殖しにくい環境にあります。

その水にはミネラルが含まれていますが、海水のため塩分をRO膜などでろ過する際にミネラルも無くなってしまうため、濃縮して再び水に添加したものが販売されます。

アクアクララのおすすめな点

実際にアクアクララを使用してみた個人的なオススメの点を挙げたいと思います。

  1. オシャレなデザイン
  2. ランニングコスト
  3. 軟水なので料理に活躍
  4. 水の安全性
  5. 水の美味しさ
  6. 熱湯がすぐに出る
  7. 放射性物質をも除去

1. オシャレなデザイン

アクアクララサーバー

最近ではウォーターサーバーも単に水を供給する道具ではなく、インテリアに調和するデザインとなってきました。

その中でもアクアクララ はデザインを重視していて、とにかくカラーや種類がたくさんあるので、各家庭のインテリアに合わせやすいかと思います。

特にアクアクララではグッドデザイン賞の金賞を獲得した山崎晴太郎氏がデザインした「AQUA FAB」も登場しました。

https://www.aquaclara.co.jp/s/product/server/fab/


この他にもたくさんの種類があります。

アクアクララサーバーの種類

  • アクアクララ ウィズ
  • アクアクララ ファブ
  • アクアクララ アドバンス
  • アクアクララ スリム
  • アクアクララ スリムS
  • マイパネ  など

2. ランニングコスト

アクアクララは水代が7リットルボトルが900円、12リットルボトルが1200円と他のメーカーよりもお得になっています。

もちろん配送料も無料で、ひと月あたり何本頼まなければければいけないなどのノルマがありません。

電気代も低電力サーバーにより業界トップクラスの省エネ性能があります。

月々のサーバー代は機種により1000円〜1500円で、保守や年一度のメンテナンス料が全て含まれていますので、これ以上の負担は一切かかりません。

月々のサーバー代がない業者は年間のメンテナンス代がかかるのでトータルでは結局同じ程度となります。

3. 軟水なので料理に活躍

アクアクララの水は「軟水」です。そのため、一般的な料理には最適で、口当たりも良い美味しい水です。

特に味噌汁やお米はそのまま水分を摂る事になるのでこの「軟水」が重要となります。

4. 水の安全性

ウォーターサーバーの水の種類は数多くありますが、アクアクララの水は安全基準の最も高い水道水をベースに作られています。

そのため、品質が常に一定で乳幼児がいるご家庭にも安心して使用できます。

5. 水の美味しさ

硬水」と異なり「軟水」であるアクアクララはサッパリした飲み心地です。

さらにRO膜を通したアクアクララの水はまさに「水」となってしまうため、美味しい成分だけを再び戻しています。

そのため飲料水としてはいわゆる「美味しい水」となります。

では、軟水はミネラルが全く入ってないの?と思われそうですが、「軟水」「硬水」とはミネラルが決められた基準値を上回るか下回るかで変わります。

アクアクララは「硬度29.7mg/Lの美味しい軟水」なので、ミネラルが全く入ってない訳ではありません。

アクアクララに入っているミネラルの量は下のようになります。

アクアクララのミネラル成分表

カルシウム 9.8 mg / L
ナトリウム 5.0 mg / L
カリウム 1.7mg / L
マグネシウム 1.2mg / L
硬度 29.7
PH 7.3

6. 熱湯がすぐに出る

個人的にとても便利だと思う点がこの熱湯がすぐ出る機能です。

大抵のウォーターサーバーには熱湯機能がありますが、アクアクララ の場合は軟水なのでコーヒーやお茶に最適です。

カップスープやカップラーメンなどすぐに利用できる点でもとても便利です。

7. 放射性物質をも除去

アクアクララのみずはRO膜という濾過方式を採用しています。

この膜はなんと水分子しか通さない非常に高性能なフィルターで、検証の結果、放射性物質を取り除く事が証明され申し込みが殺到しました。

さらに分かりやすいものでは、RO膜を通すとオレンジジュースを透明な真水に変えてしまうほどです。

RO膜

アクアクララのウォーターサーバーを一度使ってから考えたいという方は無料お試しが可能です。(水ボトル12リットルも1本無料です)

《無料お試し》ウォーターサーバーはアクアクララ

アクアクララの欠点

これまでアクアクララのたくさんの良い点を見てきましたが、逆に悪い点はないのでしょうか?

正直、現在使っていますが特に不満な点はないんです。逆に今では無いと困ります。

ただ、強いて欠点を挙げるなら水交換の重さなのかも知れません。

水の交換ボトルは12リットルですので、重さは12kgとなります。この量だと交換の回数は少ないとはいえ、女性や高齢者には重いかもしれません。

しかし、なんと現在は7リットルボトルも選択できるようになり、アクアクララ最大の欠点である「水交換の重さ」が改善されているのではないでしょうか。

女性やご高齢の方には7リットルタイプがおすすめです。

ガイド

この点からもアクアクララを安心して選べるかと思います。

水交換のいらないカートリッジ式は?

ウォーターサーバーの普及と共に、水交換の不要なカートリッジ式のメーカーが出てきました。

自宅の水道から水が取れるので水交換の手間がなく、一見良い事にしか見えません。

しかしなぜ、そもそも水のボトルを交換するウォーターサーバーが普及し、カートリッジ式ではなくボトル式にする必要があるのでしょうか?

自宅でフィルターを通すだけでは従来からある浄水器と変わりありません。そしてボトルを交換しないタイプの最大の欠点は水がまずくなる事です。

アクアクララなどの工場で水をろ過する理由は、水分子しか通さない高精度のRO膜を使うため、水本来の美味しさが失われてしまいます (水の美味しい成分も取り除いてしまうため) 。

そこで、水分子しか通さない膜のフィルターを通した水に、美味しい成分だけを再び戻してボトルの水は配送されて行きます。

このため、家庭で浄水した水はどうしても味が落ちてしまい、味を残そうとするとフィルターの性能を落とすことになり本末転倒となってしまいます。

また、家庭の水道水から浄水するため、音がうるさくなる欠点も見られます。

できれば自宅の水道水から浄水するタイプをご検討の方は、導入される前にお試し期間などがあれば利用してみると安心かと思います。

アクアクララのよくある疑問

アクアクララのウォーターサーバーについて良くある疑問をまとめてみました。

アクアクララに細菌は湧かないの?

これは非常に重要な部分で、販売側も最も注意している部分だと思います。そのため多岐にわたり工夫が凝らされていて非常に安全な仕組みが採用されています。

アクアクララには通常、交換フィルターが使われています。また、アクアアドバンスのサーバーでは内部で紫外線による殺菌が行われています。

また、使い終わって回収された空のボトルは徹底して検査、洗浄されています。


このようにアクアクララの水は浄水でありながら長期間安全に飲める仕組みとなっています。

アクアクララのボトル水の賞味期限はどのくらい?

アクアクララの水は12リットル又は7リットルのボトルで配送されます。

このボトル水の賞味期限はおよそ6か月 (180日) となっています。

そのため災害時などの非常用にも適しています。ライフラインが切断された時の大人1人に必要な水の量は「2〜3リットル」と言われていますので12リットルボトルで家族4人分が賄えることになります。

ウォーターサーバーをどのメーカーにしていいのか迷うのですが…

現在、ウォーターサーバーはいろんなメーカーから数多く出ています。そのため、どれにして良いのか迷うと思います。

私自身はアクアクララを使用していて特に不満などは無いのでおススメしていますが、やはり安全で美味しく安いものとなるとアクアクララのような大手のメーカーが安心だと思います。

そこで一度試しに使ってみたい方には無料お試し制度がありますので、それを利用されると仕組みがよく分かると思います。

《無料お試し》ウォーターサーバーはアクアクララ

百聞は一見にしかずですね!

以上のことからアクアクララを評価するとこのようになります。

アクアクララの評価
使いやすさ
(5.0)
水交換の手軽さ
(3.0)
デザインの美しさ
(4.5)
値段
(4.0)
ランニングコスト
(4.5)
総合評価
(4.5)

安全面

ウォーターサーバは水道水、地下水、海水など採水方法はそれぞれ異なります。

この中でも安全面では水道水が最も基準が厳しく、品質は一定となります。

自然界からの採水はどうしても品質が変動し易く、国の検査で年により合格基準を満たさない事もあります。

また、飲料水や料理に使う水はミネラルウォーターよりも「軟水」がよく、これらをアクアクララは満たしています。

 

アクラクララをオススメする理由

一般的な意見と個人的な感想を混ぜたアクアクララのオススメな点は次のようになります。

  1. 水が美味しい
  2. 安全
  3. 費用が比較的安い
  4. ノルマがない
  5. 災害時の水のストック (確保)

1. 水が美味しい

アクアクララの水は「硬度29.7mg/Lの軟水」ですので口当たりが良く飲みやすい美味しい水です。

そのため硬水などのクセがある水とは違い、特に何かが気になる程では無いでしょう。

2. 安全

これまで見てきたようにアクアクララの水は水質が一定で軟水のため、病気を患っている方や乳幼児がいるご家庭でも安心、安全に使用できます。

毎日飲む体の基本となる水はこの「安全」が最も重要だと思います。

3. 費用が比較的安い

ウォーターサーバーにかかる料金で大きいものはやはり水そのものです。

アクアクララの水は7リットル900円、12リットル1200円ですので業界では安く、また電気代も低電力サーバーのため、かかる費用を抑える事ができます。

4. ノルマがない

ノルマは個人的にはかなり重要視していて、月に水ボトル何本以上の注文が必要などの決まりがあるのは苦手です。

この最低注文数が決められているメーカーが多い中、アクアクララは極端な話0本でもOKです。

季節や旅行などでも水を使う量は変わってくるため、ノルマの無いアクアクララは非常に気が楽です。

5. 災害時の水のストック (確保)

防災用にペットボトルの水を買い置きしている方は多いと思います。

多くのペットボトルの水は賞味期限が2年年程度ありますが、逆にその期間の長さがうっかり忘れてしまいがちです。

アクアクララに限らず、ボトル交換式のウォーターサーバーでは水のストックが自然と行える上、常に利用する為にいつでも新しい水を備蓄している状態になります。

そのため、急な災害時の飲料水として十分に賄う事ができます。


ウォーターサーバーの高さはほとんど問題にならないとは思いますが、詳しい寸法はメーカーのサイトからご確認下さい。

お茶イメージ

 

私自身のアクアクララの用途

アクアクララを含めウォーターサーバーは「熱湯」と「冷水」がいつでも出るため非常に便利です。

熱湯はコーヒー、カップラーメンなどで多用しますし、キンキンな冷水は真夏に大活躍します。熱湯と冷水を混ぜれば好きな温度にもできるため、なにかと重宝します。

また、味噌汁やお米を炊く水としても日々利用するので全く無駄がありません。

電気ポットなどでは熱湯は出ますが冷水は出ないので、ウォーターサーバーはこういった点でも便利でとてもありがたいです。

アクアクララ 今ならボトル3本が1本分のお値段!!

3才までのお子さんがいる方はお得!

3才未満のお子さんがいる方は「ベビアクアプラン」という特別なプランがあります。

なんとこのプラン、アクアクララの中から好きなサーバーを自由に選べて、なおかつウォーターボトル3本3600円が1200円 (税抜) になります。

さらに初期費用やメンテナンスも無料で、なおかつ、年5本までウォーターボトル12リットルが無料で付きます。0才〜3才までなので4年間、20本分がタダです。



詳しくはこちら ⇒ ベビアクア

まずは無料で体験できます

何となくまだウォーターサーバーを決めかねている方は気軽に無料でお試しできる「アクアクララ無料お試し制度」があります。

宅配水業界シェア1位 アクアクララ無料お試し実施中!

この無料お試しは非常にありがたい制度で、設置から撤去、お試し期間の水ボトル12リットル1本を全て無料で使用できます。

よくベットの枕やマットレスなどお店で悩んだことはありませんか?

その場では横になり枕やマットレスの感覚は何となく分かるのですが、実際に一晩ためしに寝てみることができません。

そのため購入してからやっぱり合わなかったなどの経験をお持ちの方も多いと思います。その点からも無料で試せることはかなり安心だと思います。

おわりに

ウォーターサーバー何にしようかな?そもそも導入するべきかどうか迷うなー。なんて思って悩んでいる方は、一度無料お試しを利用してみると安心かと思います。

基本的にいつでも解約できますし導入している方達からすると、悩んでいたのを忘れるほど生活に溶け込んでいきます。

どのメーカーのものでも良いので、気軽に一度ウォーターサーバーの生活に入ってみてはいかがでしょうか?

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です