We will support you through life.

RICE処置。ケガをしたらまず行う事とは?

RICE処置とは?

RICE (ライス) 処置という言葉を聞いたことはありますか? これはケガをした直後に行う救急処置です。まずRICEの意味を見ていきましょう。



RICEの意味

R Rest 安静
I Icing 冷却
C Compression 圧迫
E Elevation 挙上

R=Rest

上の表のように、ケガをした時にはまず安静とします。

I=Icing

捻挫などでは内出血も多いので冷やして血管を収縮させます。

C=Compression

ケガは腫れると痛みが増すのと、内出血が吸収されるのに時間がかかり治癒まで長引くので圧迫して腫れを抑えます。

E=Elevation

ケガした患部を下に下げていると腫れが増してしまいます。その為よく聞く心臓より高く上げる事が重要になります。


MEMO
骨折では腫れを抑えるだけでも病院に行った際の整復(折れた骨を元の位置に戻すこと)が格段にしやすくなります。更に余計な出血を抑えることは回復も早くなり、痛みも少なくて済みます。

ケガをしたらすぐに「RICE」処置を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です