We will support you through life.

ガングリオン / 腫瘍

ガングリオン

ガングリオンとは「できもの」です。手首や指の付け根のほか、身体のあちこちの関節周辺にできます

大きさは米粒~ピンポン玉大のものまであります。関節には関節包(かんせつほう)という関節を包んでいる袋があり、袋の中には関節を栄養したり関節の滑りをよくする潤滑液で満たされています。

この関節包と関節液の一部が手首などの皮膚に盛り上がってきたものガングリオンと呼びます。

出典 手の外科シリーズ  ガングリオンの好発部位

症状

通常は痛みが無いことが多く、良性のできものなので自然治癒するまで放置している方が多いです。

ただ、中には神経の近くにできたものや関節の動きの妨げになりシビレ (しびれ)や痛みが出るものもあります。その場合は何かしらの処置を検討します。

他にはその見た目が問題になります。色は皮膚が盛り上がっているだけなので皮膚の色そのままですが、イボのような出っ張りが日常的に人目に晒される手首などにできるので、大きさによっては精神的に苦痛が生じます。


病態

ガングリオンは関節の袋(関節包)の一部が盛り上がってできています。関節内からの関節液などがゼリー状のコブとなって皮膚の表面にでます。

その他に腱(けん・筋肉から骨に移行していくヒモの部分)と腱鞘(けんしょう・腱を関節部分で包んでいる筒状のトンネル)の潤滑液の一部が盛り上がったガングリオンも多く見られます。

ガングリオンは硬いものから柔らかいものまで様々です。

治療

ガングリオンは痛みが無いものが多く、そのまま放置して自然治癒を待つ事がほとんどです。しかし、その見た目と神経や関節部を圧迫して痛みがあるものは注射器で中のゼリー状の液体を抜くことがあります。

注意
神経に近いガングリオンは安易に注射針を刺すと神経を傷つける場合があります。その場合は自然治癒を待つかレーザーなどその他の治療を検討することがあります。

注射器を使わないでハンマーや、ガングリオンを揉みながら柔らかくして強く指で潰す方法もありますが、こちらは少し危険なので整形外科を受診されることをお勧めします。

問題点
ガングリオンは注射器で内容物を抜いても、再発が非常に多く難治のものは手術で切り取る方法もあります。しかし手術をしても再発の可能性は残ってしまいます。
近年ではレーザー治療が出てきています。ただし週に2~3回、数か月間レーザーを受けなければならないようですので、その他の方法が無理な場合や再発を繰り返すものには選択肢としての助け船かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です